プレミオ値引き

知らないと損する!プレミオのカンタン値引き交渉術!

ウラの裏まで知り尽くした現役の営業マンがプレミオの値引き交渉の秘訣をお伝えします。誰でもカンタンに交渉できる世界一わかりやすいプレミオの値引き交渉マニュアルです。ぜひ、参考にしてくださいね。

プレミオ値引き

知らないと損する!カンタン値引き交渉術!

 

プレミオの平均値引き額は28万円です。
プレミオを安く買うには28万円の値引き額を引き出した後からが大切になります。
それ以上安く買うには愛車の手放し方のテクニックが必要になります。
そのテクニックは難しいものではありません。
非常に簡単で誰にでもできるものです。
当サイトではそれらを知識編・準備編・交渉編と3部形式でわかりやすく解説しています。
しっかり理解して値引き交渉にお役立て下さい。
プレミオ値引き
新車の購入価格は定価から値引き額を差し引いた金額となります。

定価−値引き=購入価格

そして、値引きの部分は愛車を持っている方は(新車の値引き額+下取り車の買取り価格)となります。

値引き=新車の値引き額+下取り車の買取り価格

つまり、値引きの価格を最大限にするには、新車の値引き額と下取り車の買取り価格、この2つをいかにアップさせるかがポイントになります。
よく見かけるのは、新車の値引き額の交渉には熱心なんですが、下取り車の買取り価格はディーラーまかせという方です。
こういう方は、はっきりいってかなり損してますよ。
ディーラーの営業マンは2つの顔をもっています。
1つは営業マン、そしてもう1つは・・・中古車の仕入れ担当者という顔です。
あなたが仕入れ担当者だとしたらどうしますか。
販売のことを考えると、なるべく安く仕入れようとしませんか。
値引きの価格を最大限にするには、新車の値引き額よりも下取り車の買取り価格にこそ力を注ぐべきなんです。
新車の値引き額は車種やグレードごとに上限が細かく決められていて、それ以上の値引きはディーラーの利益が少なくなるのでよほどのことがない限りNGなんです。
「他の人は20万ですがあなたには特別に30万値引きします!」なんてことは絶対にありません。
下取り車の買取り価格にこそ力を注げというけど・・・相場も知らない素人はどうすれば・・・という声が聞こえてきそうですが、大丈夫です!
後ほど、手間がかからずカンタンで、しかも一番、高く買取ってくれるところを紹介しまね。

 

プレミオ値引き
値引き交渉を成功させるにはこの準備が非常に大切になります。
ここをテキトーにしちゃうと交渉は相手のペースになってしまいますので、よく読んでくださいね。

準備すること
1:ディーラーを決める。
2:下取り車の中古車査定書を準備する。

1については、同じメーカー系列2店舗とライバル車メーカー2店舗くらいあるとバッチリです。

プレミオ値引き

ディーラー同士を競争させて値引きのアップをねらいます。
値引き額は、価格だけではありません、諸費用やオプションで差がつくこともあります。
なので競合ディーラーが多ければ多いほどいいのです。
地方によっては店舗数が少ないとこらもありますが、最低でも2店舗はほしいところです。

お近くのディーラーの確認は↓こちら
ホンダスズキMITSUBISHIMAZDAダイハツ日産トヨタ

2の中古車査定書については、ディーラーと交渉時に下取り車の買取り価格をアップさせるのに必ず必要になります。
口で「あそこは●●万円だ、こちらは▲▲万円だ」というより、査定書を見せる方がはるかに交渉がはかどります。
査定書については、ご自分で地元の買取り業者を何軒もまわって取得するのもよいでしょう。
しかし、かなりの時間と交通費や燃料費、中には見積りに費用を請求する業者もいる可能性があります。
愛車のためとはいえ、かなり面倒なことも事実です。
もっとカンタンに査定書を取得する方法はないのでしょうか。
実は、インターネットを使って無料で査定してくれるところがあるんです。
こういう中古車査定サイトはいくつかありますが、当サイトのおすすめはコチラです⇒carview愛車無料査定

車買取

《カービューをおすすめする理由とは》
査定は無料ですし、査定したからといって車を売らなければいけないということではありません。
速い!:入力時間約3分、手間いらずで査定してもらえます。
便利!:提携会社は、カーチス、ガリバー、ラビット、ユーポス、カーセブンなど優良買取業者が多数。
お得!:オークション形式で競いあって査定されるので買取額が高騰する。
安心!:カービューはソフトバンクのグループ企業で東証マザーズに上場しています。

一番のポイントは、買取業者は初めから競合他社がいることを知っているのでそれぞれの限界の高値を提示してくるので、高値で交渉しているのと同じことになるということです。
かといって、しつこい営業が来ることもありません。
自分で買取り業者まわりをすることと比較しても、カービューの方が断然有利なんです。
おすすめのカービューはこちら⇒carview愛車無料査定

 

プレミオ値引き
さあ、交渉本番です!
でも緊張する必要はありません。
いままでの準備をしっかりしておけば、難しい交渉などする必要はないからです。

交渉の手順

1.一回目のディーラー訪問(複数ある場合はどの店舗からでもかまいません)
見積もりの依頼⇒下取り車アリと下取り車ナシ(新車の値引きのみ)の2種類の見積書を作成してもらいましょう。

《解説》
2種類の見積書をとる理由は「新車の値引き額」と「下取り車の価格」をはっきりさせるためです。
ディーラーの営業マンはよく「値引きのトリック」使います。
「値引きのトリック」とは「新車の値引き額」を増やす代わりに「下取り車の価格」を下げて帳尻を合わせることです。

 

《値引きのトリックの具体例》

 

定価200万円の新車で、営業マンは20万円の値引きを提示したとします。
あなたは、なんとかもう一段の値引きをしてもらいたいと30万円を主張しました。
この時、営業マンは値引き額を10万円アップする代わりに、下取り車の買取り価格を10万円下げちゃうんです。
もちろん、下取り車の買取り価格を10万円下げたことは一切報告しません。
これが値引きのトリックなんです。
あなたは希望の値引き額を勝ち取って満足して契約し、営業マンは損を出さずに済んでよかった、よかった。
本当によかったのでしょうか?よくありませんよね。

プレミオ値引き

こうなってしまった本当の原因は営業マンがずるがしこいからではありません。
あなたの知識が不足しているからです。
最初から、下取り車アリと下取り車ナシ(新車の値引きのみ)の2種類の見積書をとっていれば「新車の値引き額」と「下取り車の価格」を把握できたのにと残念がっても後の祭りなんです。
見積りなしでの交渉がどれくらい不利なのかよく理解できたんじゃないでしょうか。
営業マンの「値引きのトリック」にだまされないためにも見積書は必ず2種類取りましょう。
一回目のディーラー訪問は見積書を取ることが目的なので本格的な交渉はしないようにしましょう。

 

 

2.値引き希望額を決定
一回目のディーラー訪問を終えたら、集まった見積書を比較して値引き希望額を決定しましょう。

《解説》
「新車の値引き額」と「下取り車の価格」それぞれの最高額を合計した金額が値引き希望額です。
まずは、「下取り車の価格」の最高額とカービューの中古車査定額を比較しましょう。
カービューの方が高ければ、カービューでそのまま売却し、下取り車なしの新車の値引きの見積もりが一番多いところで購入してもよいでしょう。
また、二回目のディーラー訪問時にカービューの中古車査定書を提示して、もう一段の買取り額のアップをお願いしてみるのもいいかもしれません。
いずれにしても、最後はあなたの判断になります。
どの組立てが最高の値引きを得られるのか、しっかりと考えましょう。

3.二回目のディーラー訪問(複数ある場合は本命店を最後にしましょう)
本命店を最後にして、順番に値引きの希望額を伝えましょう。
自分の思い通りにならなくても、けっして感情的にならず最後まで粘り強く交渉しましょう。

《解説》
本命店を最後にするのは、最高の値引き額を引き出すためには大切なことです。
他店の見積書やカービューの中古車査定書などを提示して、あなたの希望値引き額の根拠を営業マンに理解してもらいましょう。
その方が営業マンにとっても上司と値引き幅について交渉しやすいはずです。
営業マンはけっして敵ではありません。

プレミオ値引き

むしろあなたの希望額を実現してくれる心強い味方と考えましょう。
しっかりとした根拠に基づいた値引き希望額で誠実に交渉すれば、相手も誠実に対応してくれるはずです。
なので高飛車な態度で脅してみたり、非難することはやめましょう。

これであなたは、かなりの確率で値引き希望額を勝ち取ることができるでしょう。
健闘をお祈りします!

車買取

プレミオの魅力

プレミオの2.0Lと1.8Lエンジンには、エンジンの燃焼効率を高めることで低燃費と高出力を同時に追求する先進機構VALVEMATICを採用しています。吸気・排気バルブタイミングを最適にコントロールするDual VVT-i*1の機能と吸気バルブリフトを連続的に変化させる機構を組み合わせたVALVEMATICは、低速から高速まで全運転領域でバルブタイミングとリフト量を最適に制御。それにより燃費向上とゆとりある走りを両立し、さらには、排出ガスの低減も実現。優れた環境性能を獲得しています。

 

より太陽光に近い色と光量が得られるディスチャージヘッドランプ(ロービーム)を2.0G“SUPERIORパッケージ”と1.8X“EXパッケージ”に標準装備。照射軸を一定に保つオートレベリング機能により、先行車・対向車への眩惑光防止に配慮しています。コンライトは、光センサーが車外の明るさを感知して、ランプを自動的に点灯・消灯させます(1.8X、1.5Fを除く)。

 

2.0G“SUPERIORパッケージ”には、急なハンドル操作や滑りやすい路面での発進・加速時などに車両安定性を確保するVSC&TRCをメーカーオプション設定。 緊急ブレーキであることを感知し、強い制動力を発生させるブレーキアシストも全車に標準装備しています。

 

全車に、急ブレーキ時などでのタイヤロックを防止し、ハンドルの効きを確保するABSと車両の走行状態に応じてブレーキをかける力を前後・左右輪に理想的に配分するEBDを標準装備しています。

  • (2011/11/18)LINK2を更新しました
  • (2011/09/08)LINK1を更新しました

プチ断食| マカ 効果| 酵素ドリンク| 便秘解消| ファンデーション|